QNAP Systems, Inc.

Menu Member

X   Y
ビジネス向けTurbo NAS
簡単かつ効率的に ビジネスITインフラストラクチャを最適化
管理
管理

QNAP Turbo NASはサーバー管理を非常に楽にします。使い勝手のよいグラフィックインタフェースを備え、ITの専門知識がなくてもWebブラウザで直観的にシステムを管理できます。初回1回限りのシステムセットアップ、警告またはエラーに基づくインスタントアラート通知、情報を与えるシステムログとリソース監視、便利なシステム移行オプションなど、さまざまな管理ツールでIT管理者の幅広いニーズをサポートします。

 
 

アラート通知

インスタントアラート通知

Turbo NASはシステムエラー、警告、アラートイベントに関する情報をIT管理者に通知するために電子メールとSMSによるアラートをサポートします。最新のシステム情報の受信先として、2つの電子メールアドレスを指定することもできます。インスタントシステムアラートは、SMSを介して世界中どこでも最大2つの携帯電話番号に送信できます。

このような便利なアラート通知を利用することで、IT管理者はTurbo NASの最新の状態を完全に把握し、迅速な是正措置をとり、予想外の障害によるダウンタイムを最小限に抑えることができます。

ユーザーマニュアル  アプリケーションノート
 

驚異のパフォーマンス

SSDキャッシュアクセラレーション

QTS 4.0 SSDキャッシュ機能* はIOPSパフォーマンスを10倍に加速し、ストレージボリュームに対するI/O遅延を3倍減らします。これは全体のワークフローを大きく向上させるための仮想化などのIOPSを要求するアプリケーションに最適です。

* 一部のモデルのみ対応。パフォーマンスは環境によって変化することがあります。

SSDキャッシュボリュームはRAMのサイズによって変わります
キャッシュ容量 RAM必要量
512GB >= 1GB
1TB >= 4GB
2TB >= 8GB
4TB >= 16GB
 
モデル SSD トレイ 対応 SSD 数
TDS-16489U 全てのトレイ 制限なし
TVS-ECx80U-SAS/TVS-ECx80U-SAS R2 全てのトレイ 制限なし*
TS-x79U-SAS / SS-x79U-SAS 全てのトレイ 制限なし
TS-ECx80U/TS-ECx80U R2 Disk 1, Disk 2, Disk 3, Disk 4 4つまで*
TS-ECx80 Pro / TVS-ECx80 Disk 5, Disk 6, Disk 7, Disk 8 4つまで*
TS-x79U Disk 3, Disk 4 2つまで
TS-x79 Pro Disk 7, Disk 8 2つまで
TVS-x71 Disk 1, Disk 2, Disk 3, Disk 4 4つまで
TVS-x71U Disk 1, Disk 2, Disk 3, Disk 4 4つまで*
TS-x70U Disk 3, Disk 4 2つまで
TS-x70 / TS-x70 Pro 最後の2つのトレイ 2つまで
TS-x63U 全てのトレイ 制限なし
TVS-x63 / TS-563 ** 全てのトレイ 制限なし
TS-x51 / TS-453U / TS-453U-RP / TS-451U 全てのトレイ 制限なし
TS-853U / TS-853U-RP 5, 6, 7, 8 4つまで
TS-1253U / TS-1253U-RP 9, 10, 11, 12 4つまで
TS-x53A **** 全てのトレイ 制限なし
TS-x53 Pro / TS-x53S Pro 全てのトレイ 制限なし
TS-531P *** 全てのトレイ 制限なし
TS-x31+ / TS-x31X 全てのトレイ 制限なし
TS-453mini Disk 1, Disk 2 2つまで
* TS-ECx80 / TVS-ECx80 / TVS-x71U シリーズは、 2つの追加内部mSATAキャッシュポートに対応しています。
** ディスクスロット1と2は、SSDキャッシュ推奨です。
*** ディスクスロット1から4までは、SSDをキャッシュとして使用することをお勧めします。
**** SSD キャッシュにはディスクスロット 3 以降が推奨されます。

SMB 2.0サポート

QTS 4.0はSMB 2.0をサポートし、マイクロソフトネットワークのパフォーマンスを30-50%* 向上させます。Windows** ユーザーは、複数の同時ユーザーが存在したり、2拠点間のVPNのような高遅延ネットワーク環境であっても、高速の伝送速度や読み込みパフォーマンスを体験できます。

* 数値は環境によって変化することがあります。

** SMB 2.0はWindows Vista以降のバージョンでサポートされています。

10GbE対応

10GbE* ネットワーク拡張オプションは、ポートトランキングとフェイルオーバーを可能にし、ビジネス環境に要求される高速データ伝送を提供します。これは、システムアップタイムの最大化がミッションクリティカルなストレージニーズである中小企業にとって必須です。

* 一部のハイエンドTurbo NASモデルのみ。

 

リソースモニタ

一目でわかるシステムステータス

グラフィカルなインターフェイスにより、IT管理者はCPU利用率、メモリ利用率、ディスク利用率、帯域幅利用率、システム健全性、ハードディスク健全性など、Turbo NASの情報を簡単に監視できます。IT管理者は適切なタイミングで直接の情報をすばやく把握できます。

ユーザーマニュアル
 

包括的ログシステム

包括的ログシステム

Turbo NASはウェブベースのディスプレイログを提供し、IT管理者の効果的なシステム追跡を支援します。アクセス制御に役立つオンラインユーザーリストも提供されます。

ウェブベースのログシステムが提供する明快で詳細な概要を基に、IT管理者は重要なシステム活動を追跡できます。システムイベントログにより、IT管理者はTurbo NASの情報、警告、エラーイベントを常に認識できます。システム接続ログにより、IT管理者は各ファイルのアクセス履歴 (行為者、時刻、行為の種類) を簡単に参照できます。アクセス履歴はExcel (CSV) ファイルとしてエクスポートし、さらに分析したり、PCに保管したりできます。いずれのログも、ウィザードを利用したマニュアルログフィルタリングと高度なフィルタリングをサポートします。フィルタリングによりデータをすばやく理解できます。さらに、IT管理者がシステムの門番やセキュリティの守護者として重要な役割を果たすとき、オンラインユーザーリストはユーザーアクセスの監視に役立ちます。不審な接続が見つかったとき、IT管理者はそのユーザーを右クリックし、ブロックリストまたは接続解除リストにすぐに追加できます。

Syslogサーバーによる集中監視

さまざまなネットワーク機器からログデータを中央リポジトリに集めることで、ビジネスの管理とセキュリティ監査が効率的になります。UDPとTCPプロトコルをサポートするSyslogサーバーを利用することで、IT管理者はTurbo NASで他のネットワーク機器からログを簡単に集め、保存できます。これにより、管理とトラブルシューティングの効率が向上します。高度なフィルタと電子メール通知で障害やセキュリティ上の脅威をすばやく特定できます。

Turbo NASは他の機器からログを集めるサーバーとして機能するだけでなく、それ自体のログを Syslogサーバーに送信するクライアントとしても機能できます。

ユーザーマニュアル
 

ハードディスクステータスチェック

HDD健全性のクイックチェック

Turbo NASには、Turbo NASにインストールされている各ハードディスクのS.M.A.R.T. (自己監視および報告技術) 値と各ディスクの健全性ステータスの概要がわかりやすく表示されます。S.M.A.R.T.値が異常であると報告されたときにIT管理者は早めに行動をとり、物理的なハードディスクの障害により引き起こされるデータの損失を防ぐことができます。

IT管理者は「Rapid Test」モードまたは「Complete Test」モードを選んで S.M.A.R.T.テストを実行するか、S.M.A.R.T.テストを実行するスケジュール (すぐに、毎日、毎週、毎月) を作成できます。

 

HDD不良ブロックスキャニング

HDD S.M.A.R.T.チェックの他に、Turbo NASでは不良ブロックをスキャンできます。IT管理者は不良ブロックがあるハードドライブを早い段階で健全なドライブに交換できます。

ユーザーマニュアル
 

ネットワークUPS

異常な電力供給に対する集中通知

このネットワークUPSサポートにより、同じTCP/IPネットワーク上の複数のTurbo NASサーバーをひとつのUPSで保護できます。ネットワークUPS「マスター」をUSBケーブルを介してUPSに接続します。電力供給に異常が発生すると、UPSはUSBインターフェイスを介してネットワークUPS「マスター」に通知を送信します。イーサネットを介してUPSマスターからすべてのUPS「スレイブ」に情報が送信されます。これで電力障害の発生時もすべてのTurbo NASサーバーが適切にシャットダウンされます。

ネットワークUPSの配置で複数のサーバーを保護する他に、IT管理者はUSB/SNMPスタンドアロンUPSモードを利用してTurbo NASを設定することもできます。

ユーザーマニュアル
 

ライブアップデート

QNAPは継続的に新しい機能拡張とバグ修正を備えたファームウェア更新を提供します。ライブ更新機能を有効にすると、Turbo NASは自動的にインターネットで利用できるファームウェアを検出します。IT管理者は数回のクリックでそれをダウンロードし、システムを更新できます。

ユーザーマニュアル
 

TFTPサーバー

簡単なコンフィギュレーションデプロイメント

TFTP (トリビアル ファイル トランスファー プロトコル) は、その単純さで有名なファイル転送プロトコルです。QNAP TFTPサーバーとPXE起動は簡単にTurbo NASをTFTPサーバーに変え、ファームウェア更新、展開、ルーターやスイッチなどのさまざまなネットワーク機器のコンフィギュレーションのバックアップを可能にします。また、システムのイメージングやリカバリーのためにコンピュータをリモートでネットワーク起動できます。

 

Telnet/SSH

安全なリモート管理

IT管理者はTelnetまたは暗号化されたセキュアシェル(SSH)を介してTurbo NASにリモートアクセスし、高度なプログラミングやトラブルシューティングのコマンドを実行できます。

ユーザーマニュアル
 

簡単なシステム移行

すばやく簡単

Turbo NASではシステム移行が信じられないくらいシンプルです。Turbo NASのシステムを新しいモデルにアップグレードする場合、元のTurbo NASから新しいTurbo NASに元のトレイ順でハードディスクを移すだけで完了です。すべてのデータが維持され、ディスク初期化やコンフィギュレーションは必要ありません。

ユーザーマニュアル
 

システムのスリープモードと即時復帰

適時に起動してエネルギーを節約

Turbo NASを使っていな いときは、電源を切らずにシステムスリープモード (S3)* にすることができます。その後「電源」ボタンを 押すか、Wake on LAN機能を利用して、復帰させます。電気を節約する このモードを利用すれば、電気代を減らしたり、システムやハードドライブの耐用年数を延ばすなどの利点があります。

*システムスリー プモードは、Turbo NAS TS-x69L、TS-x69 Pro、TS-x70、TS-x70 Pro、TS-x51、TS-x53 Proシリーズでのみサポートされています。

 

ハードディスクのスタンバイ

ハードディスクの利用を柔軟に調整する

一般的なビジネス環境ではピーク時とオフピーク時があります。システムハードドライブ実行モードを適切に設定することで、エネルギーが節約され、ハードドライブの耐用年数が延びます。そのために、IT管理者は指定した時間内にディスクアクセスがない場合に待機モードにはいるようにハードディスクを設定できます。

ユーザーマニュアル
 

計画された電源のオン/オフまたは再起動

便利な電力管理

Turbo NASをビジネス環境で使用しないときがあります。Turbo NASには電源のオン/オフをスケジュールする機能があり、IT管理者は労働時間に合わせてシステムの稼働時間を管理できます。IT管理者は週の任意の曜日にTurbo NASを自動的に電源オン、電源オフ、または再起動するように時間を設定できます。より便利かつ効果的にエネルギーを節約できます。

ユーザーマニュアル
 

スマートファン

システムの熱と騒音のバランス

Turbo NASでは、システムファンの速度を自由自在に設定できます。IT管理者は手動でシステムファンを低速、中速、高速に設定したり、「スマートファン」機能を有効にしてより高度なオプションを利用したりできます。高度なオプションでは、たとえば、推奨オプションを利用すると、システムに事前に定義した基準に基づき、低速と高速でファンを自動調節できます。手動オプションを利用すると、IT管理者はファンが停止する、低速で回転する、または高速で回転する温度を指定できます。システムの冷却と騒音の間でバランスが取られ、少量からエネルギーを節約します。

ユーザーマニュアル
 

Wake on LAN

Turbo NASの電源をリモートでオンにする

Wake on LAN機能を利用すれば、QNAP FinderまたはWake on LANをサポートするサードパーティアプリでTurbo NASの電源をリモートでオンにできます。IT管理者はTurbo NASの電源を入れるためだけに広いオフィスの中を移動する必要がありません。

ユーザーマニュアル

網頁內容高 :
網頁內容限制高 :
window top value :
window bottom value :
goal point value :
goal point go mark :
goal point go range :
goal point name set :
執行次數記錄 :
open menu close menu back to top